たわしログ

たわしなりのライフハック。地方住まいとか子育てとか生活とか仕事とか。

LED電球がどれだけお得かざっくり計算したらその差は歴然だったって話

f:id:slowlifehack:20180916233132p:plain

お得だお得だと言われているLED電球。まずもって目に見えてくる電球そのものが割高だから入れ替えに躊躇してたけど、実際にざっくり計算してみたらめちゃくちゃお得なんじゃないかってお話です。

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

結論から言っちゃうとLEDのほうがアホみたいにお得です

はい、冒頭の画像がその全てなのですが(文字小さくて読みづらくてすみません、スマホの方、画像を保存してご覧頂ければ幸いです)、長い目でみたらLED電球のほうが圧倒的にお得です。

 

で、表だけ見ても「なんだこれ」って感じだと思うのでどういうことかざっくり解説。

 

ざっくり解説。LEDは電球は高いけど電力が少なくて済むし寿命も長い

LED電球と通常の電球を比較するとこんな感じ。
・【LED電球高いポイント】LED電球=電球そのものが高い

・【LED電球安いポイント】LED電球と通常の電球で明るさが同じくらいなら消費電力はLEDのほうが少ない
・【LED電球安いポイント】LED電球のほうが寿命が長い
とこんな感じ。電気屋さんでのパッと見た感じだと電球の値段そのものに目がいくのですが、その電球の価格差のデメリットを補って余りあるほどの節約効果が「同じ明るさでの消費電力の少なさ」と「長寿命」にあると。

 

で、ざっくりですが、こんな前提で計算してます。
【普通の電球】電球200円、消費電力60W(明るさ810lm)、寿命2,000時間
【LED電球】電球2,000円、消費電力7W(明るさ810lm)、寿命25,000時間
価格、寿命はいろんな電球のスペックを見てだいたいこんなもんが基準値だろうということで数値を設定。ミソは明るさが810lm(明るさの単位ルーメン)と同じなのに消費電力は-88.4%と、ざっくり1/10の電力で同じ明るさが得られる点。さらに寿命は12倍以上。

 

電球そのものの価格差が10倍でも、ちょっと考えればLEDのほうがお得なのがなんとなくわかりますよね。

 

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

60W電球1個で年間4,200円もお得になるという、、、すげえぜLED!

上記の数字をこねくり回して計算した結果、電球代も織り込んで1年間の電気代を計算した(普通の60W相当の電球を1日8時間使用したって前提ね)ところ、下記のような感じに。


【普通の電球】1年間のコスト:4,953.6円
【LED電球】1年間のコスト:774.7円

 

この差すごくないですか?1年間で電球1個でおよそ4,200円の節約(計算、おそらくあってると思うのですが、、、もし間違ってたらこっそり教えてください)。
電球そのものの価格の差が1,800円だから初期投資は半年くらいでペイできる計算です。すごい。しかもこれ、60Wの電球1個での試算。家中の電球をLEDにすればその節約効果たるやすさまじいものになるんじゃないでしょうか。
(あ、トイレとか、点灯時間が長くないものは試算をしていないのでどうなるのかわかりませんが、、、ただ、電球の交換の頻度が激減するってだけでもじゅうぶんメリットになるんじゃないかと個人的には思います)

 

最近はLEDでも白熱電球のような光り方をするものも出てきているし、価格も下がってきているのでこれはLEDに乗り換えない手はないかと。ちらつきとかフリッカー現象とかの諸問題も技術の進歩によってどんどん改善されてきているし、よっぽど色再現とかにこだわるようなコアな環境でない限り、普通に使うぶんには一般的な電気屋さんで売られているもので全然問題ないかと思います。

 

我が家も白熱灯タイプのLED電球を使っていますが全く普通の電球と変わらず使えています。「あれ、この部屋って普通の電球だったっけ?LEDに変えたんだっけ?」って思うくらいのレベルです。

 

Sponcered Link
 
Sponcered Link